川口市 腰椎分離症

川口市 腰椎分離症

2016-06-01

慢性痛を引き起こす腰椎分離症を改善するには
腰椎分離症というのは、何らかの原因によって、背骨の腰椎部分で骨の分離が発生する症状です。
背骨の腰椎部が滑るとか分離するというのは、恐ろしいイメージを持ってしまいますが、この症状の治療で悩まれている患者は日本に大勢いるのです。
主な原因として考えられることは、腰に対して過度の負担がかかる姿勢や動作を長期的に行うことで疲労骨折してしまうことです。
発症した方の多くは最も下にある第五腰椎に発症して、その原因となる主な動作は、ひねる動作と反らす動作の2つでスポーツ選手などに多い症状です。
代表的なスポーツとしては、腰から下への負荷がかなり激しいスポーツのサッカーがあります。
ボールを強くける動作などである一定の負荷を長時間加え続けていることで発症するのです。
また第四腰椎に発症するケースもあって、これは変性すべり症と言う椎間板の変性によって起こる症状で、比較的女性に多く見られる傾向があります。
こうした後天性の原因以外にも先天性によるものも少なからず存在していて、生まれつき腰椎が分離しやすい形となっていることも稀にあります。
症状は急性腰痛と違って激しい痛みが突如襲ってくることはなくて、徐々に痛みを感じるようなり違和感に襲われるようになり、その違和感が痛みに変わって慢性痛となってしまうのです。
また、腰椎が分離することで神経を圧迫してしまうために、坐骨神経痛を同時に患ってしまうケースもあります。
このような状態になると2種類の痛みが同時に襲ってくるので、より一層の痛みを伴ってしまうことになります。
それから脊柱狭窄症を発症してしまうこともあって、下肢が重くなったり痺れてきたり激痛を伴うこともあります。
また、症状が進行してしまうと最悪の場合は歩行困難になってしまう可能性もあるので、何らかの違和感がある時は早めに病院を受診することが大切です。
治療としては、通常骨癒合させるために6ヶ月程コルセットで矯正することになります。
ただ、その際に使用するコルセットは市販のものではなくて、病院でしっかり自分に適したコルセットを使用することが治療を成功させるポイントです。
もし、自分に適していないコルセットを使用してしまうと、治療するどころか逆に悪化させてしまう可能性もあるので注意が必要です。
その他には、疼痛に対して筋弛緩薬や消炎鎮痛薬などの薬物を用いた治療方法もありますし、理学療法や神経ブロック療法などもあります。
ただし、これらの保存療法で改善が見られない場合には、手術という方法も選択肢として検討することになります。
腰椎分離症のセルフケア方法としては、浮力で腰への負担が少なくて効果的に筋力アップを図ることができる水泳がおすすめです。
また水泳はなかなかできないという方は軽いストレッチがおすすめで、いかに伸びているのかを意識しながら実践すると良いです。
それから整体や整骨院で施術を受けることもおすすめで、症状の軽減やケアにつながります。
川口市 腰椎分離症なら、「みずほ整骨院」にお任せください。


お申込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

事前にご予約をお願いいたします

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

「みずほ整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F
電話番号 048-255-2993 (予約優先)
営業時間 9時~13時 14時~21時
電話受付 9時~12時30分 14時~20時30分
定休日 年末年始
最寄駅 JR京浜東北線川口駅東口徒歩3分

PAGE TOP

会社概要COMPANY



川口市 整体 重度の腰痛なら
「みずほ整骨院」

住所:〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F

048-255-2993




MENU

MAIL

TEL
HOME