川口市 変形性脊椎症

川口市 変形性脊椎症

2016-05-28

加齢による変形性脊椎症が発生しないように予防するには
椎骨が積み重なって背骨を構成していて、椎骨が作る関節の働きで背中や腰を自由に曲げることができるのです。
また、椎骨が作る関節が自由に動けるのは、表面が滑らかで弾力性のある軟骨によって覆われているからなのです。
しかし加齢に伴って軟骨がすり減って硬くなって、それにより関節が正常にかみ合わなくなると痛みが起こってしまいます。
それから椎骨と椎骨の間にある椎間板も加齢に伴い弾力性がなくなって、椎体の角部分に力が加わるとトゲのような出っ張りが出て、それが神経を刺激したり圧迫したりすることでも痛みを生じます。
それらのことが発生する所により痛みを感じる場所に違いがあって、頸椎なら自覚症状がないケースもあるのですが、腰椎の場合は腰痛をはじめ下肢のしびれがあります。
また腰を曲げたりそらしたりすると痛みがでたり足に力が入らなくなったりすることもあります。
このように脊椎の変形により発生するのが変形性脊椎症で、中年以降に起こる老化現象のひとつと言われています。
ちなみに、脊椎管狭窄や椎間板ヘルニアなどを併発するとさらに症状が悪化します。
変形性脊椎症の原因は、先に触れたように老化によるものですが、若い頃の過度な運動負担も大きく関係しています。
例えば、農業や漁業と言った職業など若い頃に重労働をしていたり、激しいスポーツをしていたりすると、40歳以降に発症するケースが多いのです。
また、30歳代を過ぎてから脊椎に過度の負担がかかってしまうと、椎管関節にある軟骨の変形や椎間板の変性などが起こることもあります。
これも原因として考えられることです。
治療としては、加齢により発症するものですから、消炎剤や鎮痛剤の薬物療法・温熱療法・腹筋や背筋などを強くする体操療法・頸椎牽引や骨盤牽引などの対処療法になります。
こうした病院での治療と共に、整体や整骨院での治療も検討してみると良いです。
整体や整骨院で施術を受けることにより痛みなのでの症状を緩和することができます。
ただし、これらの保存療法をしても症状が改善されない場合には、手術療法を行うことも検討します。
加齢により変形性脊椎症が発生しないように予防するには、背骨を支える筋肉や靭帯が弱くならないようにすることです。
その為には無理のない範囲で体を動かして体を軟らかくするように心がけることで、ウォーキングや水中ウォーキングなどは負担も少ないのでおすすめです。
また、お風呂に入って体が温まっている時にストレッチすると、周りの筋肉の緊張やこわばりなどが解消されて柔軟性がアップします。
それから多少痛いからといって安静にし過ぎることは、逆に症状を悪化させてしまう可能性があるので注意が必要ということをしっておくことです。
ただし無理に運動をしたり、無理な姿勢や動作をしたりすることは避けるように心がけることです。
予防のためにしていることで症状を発生させたり、悪化させたりしては本末転倒になってしまいます。
川口市 変形性脊椎症なら、「みずほ整骨院」にお任せください。


お申込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

事前にご予約をお願いいたします

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

「みずほ整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F
電話番号 048-255-2993 (予約優先)
営業時間 9時~13時 14時~21時
電話受付 9時~12時30分 14時~20時30分
定休日 年末年始
最寄駅 JR京浜東北線川口駅東口徒歩3分

PAGE TOP

会社概要COMPANY



川口市 整体 重度の腰痛なら
「みずほ整骨院」

住所:〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F

048-255-2993




MENU

MAIL

TEL
HOME