川口市 脊柱管狭窄症

川口市 脊柱管狭窄症

2016-05-26

脊柱管が狭くなることで様々な症状が発症する脊柱管狭窄症
背骨にあって脊髄中枢神経が通る道を脊柱管といって、正常な形を背骨がしていれば何ら問題は生じません。
しかし、何らかの要因で背骨が歪んでしまうと、脊柱管は狭くなってしまい神経を圧迫することにより腰痛や痺れなどの症状を引き起こしてしまいます。
このように脊柱管が狭くなることで様々な症状を起こすのが脊柱管狭窄症と呼ばれるものです。
なぜ起こるのかというと、生まれつきという先天性の場合もあるのですが、脊柱管を囲む椎体や椎弓の変性・靭帯の肥厚・椎間板の変性による膨隆や突出など、脊柱管を構成する組織の変形で狭くなると言った後天的な原因から起こります。
老化現象のひとつとも言われていて、年齢を重ねることで多かれ少なかれ脊柱管は狭くなってしまうのです。
脊柱管が狭くなることで脊柱管を通る神経や神経に伴走する血管が圧迫されてしまうことで、神経が障害され腰痛や下肢のしびれなど、さまざまな不具合が発生してしまうのです。
どのような方が発症しやすいのかというと、先に触れたように老化現象のひとつなので高齢者に多く見られます。
それ以外にも若い頃に重労働や重い物を持つ仕事で無理をしてきた方や若い頃に腰を痛めたことがある方、長時間運転する方などは、加齢で変形性脊椎症や変性すべり症を起こしやすく、それから脊柱管狭窄症になることもあります。
症状としては腰の部分で起こるものなので腰痛があって、その他には足の症状や間欠跛行が見られる特徴があります。
この間欠跛行というのは、少し歩くと足がしびれたり痛んだりするのですが、すこし休憩すると楽になって、再び歩けるようになると言った症状です。
ただ、この間欠跛行が酷くなってくると、最初は200~300m歩けていたのが、100m、50mと徐々に歩行距離が短くなってしまいます。
さらに症状が進行していくと安静時でもしびれてくるとか、足の裏に何か張り付いていると言ったような症状が起こりますし、腰痛もさらに酷くなってしまう方も少なくないです。
それから、筋肉の力が落ちてきたり、排尿や排便の機能が落ちてきたりするなどの現象も見られることもあって、様々な症状が起こることも特徴のひとつとしてあります。
治療としては、リハビリテーション・コルセット・神経ブロック・脊髄の神経の血行を良くする薬の服用などの保存療法が主体になります。
しかし、保存療法を行っても歩行障害が進行して、日常生活で様々な支障が生じてくる場合には、手術療法を行う可能性があります。
また、症状が両足に発生している場合には、保存療法では改善することが少ないため、手術を行うケースが多いです。
ちなみに、最近では内視鏡を使用した低侵襲手術が行われています。
腰をまっすぐに伸ばして立つと神経の圧迫が強くなるので、前かがみになる方が痛みなどの症状は和らぎます。
その為、歩く時には杖をついたりシルバーカーを押したりして腰を少しかがめるようにすると楽に歩けます。
それから、整体や整骨院で施術を受けることで症状が和らぐこともあるので、整体や整骨院で治療することも考えてみると良いです。
川口市 脊柱管狭窄症なら、「みずほ整骨院」にお任せください。


お申込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

事前にご予約をお願いいたします

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

「みずほ整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F
電話番号 048-255-2993 (予約優先)
営業時間 9時~13時 14時~21時
電話受付 9時~12時30分 14時~20時30分
定休日 年末年始
最寄駅 JR京浜東北線川口駅東口徒歩3分

PAGE TOP

会社概要COMPANY



川口市 整体 重度の腰痛なら
「みずほ整骨院」

住所:〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F

048-255-2993




MENU

MAIL

TEL
HOME