川口市 骨盤矯正

川口市 骨盤矯正

2016-05-20

骨盤矯正することが必要不可欠な理由は?
上半身の背骨と下半身の股関節をつなぐ骨盤は、全身のバランスをとる大切な役割を担っていて、とても重要な部位なのです。
また骨盤は、体を柔軟に稼働することができるようにと関節が1つだけで、筋肉や靭帯など周囲にある組織の力で支えられています。
ただ、日常生活における様々な動作やクセなどにより骨盤が歪んでしまうことがあって、様々な悪影響を起こす要因になるので骨盤矯正をすると良いというのを耳にする機会も多いです。
そこで、骨盤が歪むというのはどういうことなのか、骨盤の歪みでどのような症状を起こしてしまうのか、なぜ骨盤矯正する必要があるのかなどを知っておくと参考になります。
骨盤の歪みというと骨が変形して歪むように考える方も少なくありませんが、実際は骨盤の仙骨と腸骨の間にある仙腸関節の影響により起こるものなのです。
仙腸関節の動きが狭くなったり広くなったり、また動く範囲が左右対称でなくなりズレが生じて、骨盤を構成する仙骨・腸骨・恥骨・坐骨と言った4つの骨やそれに沿う筋肉が歪んでしまう状態のことなのです。
この骨盤の歪みには、前傾後傾姿勢・左右に傾く・骨盤の捻じれ・骨盤の開きと言った4つのタイプがあって、それぞれで原因や発生する症状に違いがあります。
前傾後傾姿勢は、運動不足による筋肉の低下・かかとの高い靴をいつも履く・椅子に正しく座らない・スマホなどを長時間使用すると言ったことが原因として考えられます。
女性に多いのは骨盤の前傾で、それにより反り腰のような姿勢になる、下腹が出やすくなる、垂れ尻になるなどの症状が起こりやすくなります。
また、背中・首・腰などに痛みやコリが生じやすくなるのです。
男性に多いのは後傾で、それにより横から見ると凹凸が少ない姿勢になって、ポッコリお腹になる、下半身の筋肉の代謝が悪くなる、無理な姿勢で膝の痛みを引き起こすなどの症状が起こりやすくなります。
骨盤が左右に傾いてしまうのは、荷物を決まった方だけで持つ、いつも座る時に足を組む、立っている時に片足のみに重心をかける、いつも決まった側の手や足だけを使用するなどの生活習慣が原因として考えられます。
骨盤が左右に傾いてしまうことで片方の腰にだけ痛みが発生したり、太ももやふくらはぎに脂肪がつきやすくなり下半身太りになったり、O脚になるなどの症状が多く見られます。
骨盤の捻じれは横座りなど体を捻じるような体勢で片側にだけ負担を習慣的にかけることが原因で、骨盤の腸骨が食い違っている状態です。
骨盤が捻じれることで下半身全体に脂肪がつきやすくなる、痛みや違和感が起こる、神経を圧迫して神経症・不眠・イライラするなどの症状がでると言ったことが起こってしまいます。
骨盤の開きは妊娠出産・生活習慣・加齢による筋肉の低下などが原因として考えられます。
骨盤の開きで内臓が支えきれなくなると腸や子宮が正常に機能できなくなりますし、血管なども圧迫されて血流が悪くなり代謝が低下し下半身に脂肪がつきやすくなります。
このように数多くの症状を引き起こすので、骨盤矯正することが必要不可欠と理解できます。
川口市 骨盤矯正なら、「みずほ整骨院」にお任せください。


お申込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

事前にご予約をお願いいたします

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

「みずほ整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F
電話番号 048-255-2993 (予約優先)
営業時間 9時~13時 14時~21時
電話受付 9時~12時30分 14時~20時30分
定休日 年末年始
最寄駅 JR京浜東北線川口駅東口徒歩3分

PAGE TOP

会社概要COMPANY



川口市 整体 重度の腰痛なら
「みずほ整骨院」

住所:〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F

048-255-2993




MENU

MAIL

TEL
HOME