川口市 梨状筋肉症候群の原因

川口市 梨状筋肉症候群の原因

2017-02-28

梨状筋肉症候群になると、お尻から下肢にかけて、鋭い痛み、しびれなどが確認できます。
現在、心当りのある方は、速やかに詳しい検査をうけるようにしましょう。
ただ、病院でMRIをとったけど、異常なしというケースもありますので、その場合は、お近くの接骨院で再度相談するようにしましょう。
【梨状筋(りじょうきん)ってそもそもどこ?】
名前が物語るようにこの筋肉は、まるで梨のような形をしているといわれています。
お尻にある筋肉で、大臀筋の深い部分にあります。
つかり、お尻のインナーマッスルですね。
梨状筋の役割りは、
・膝を軽く曲げた状態で外側へ体を舞わず動作(股間節の外施)
・伸ばした脚を外側へ横方向に動かす動作(股間節の外転)
【梨状筋肉症候群って?】
仙骨から横切るように大腿骨にくっついている梨状筋の前には、坐骨神経の分枝でもある脛骨神経や総廃腓骨(ひこつ)神経が通り、その下には座骨神経が通っています。
梨状筋が何かしらの原因で、近くにある神経を圧迫することで、さまざまな不具合を起こします。
では、神経を圧迫するような状態を詳しく説明します。
【梨状筋が神経を圧迫する原因】
坐骨神経の方向に沿って、痛みや痺れ、感覚異常などの神経症状が主な特徴となる梨状筋肉症候群ですが、以下の3つの原因が考えられます。
1・梨状筋肉の過度の緊張
仙骨から横切るように大腿骨にくっつく梨状筋は、大坐骨孔の中を横切っています。
大坐骨孔は、寛骨にある大坐骨切痕と仙結節じん帯、仙棘じん帯という3つの組織で形成される孔です。
そのため、梨状筋肉の周辺には、さまざまな神経が張り巡らされており、梨状筋肉が少しでもガチガチに固まってしまうとこれらの神経に触れたり、圧迫されるなどさまざまな症状を引き起こす要因となります。
また筋肉の緊張は、血行不良を引き起こすので、血流が阻害された神経は、十分な伝達ができず、痛み、しびれとなって症状を表します。
2・トリガーポイントの活性
筋肉にできるしこりのことを「トリガーポイント」といいます。
梨状筋肉にトリガーポイントが出来ると、筋繊維は、収縮と弛緩の際にこのシコリにぶつかり、上手く機能できません。
そのため、筋膜を通し、「痛い」という指令を各部分に伝達し感覚異常などの不具合が起こります。
トリガーポイントが原因の場合、臀部から大腿後面と痛みが広範囲に及ぶのが特徴です。
3・仙腸関節の機能障害
仙骨と大腿骨にくっついている梨状筋肉が過度に緊張すると、仙骨・腸骨間の動きが制限され、機能障害(主に感覚異常)を引き起こします。
これによって筋肉にできたしこり(トリガーポイント)もなかなか解消できず、神経症状が長引きます。
【梨状筋肉症候群の主な特徴は?】
坐骨神経を圧迫することで臀部や大腿後方の痛み、しびれ、感覚異常などが現れます。
また坐骨神経から分枝した神経にも影響が及ぶため、ふくらはぎや足先のしびれ、痛み、感覚異常があります。
トリガーポイントが原因となる場合は、痛みが臀部から大腿後方と広範囲に及ぶケースもあります。
痛みの特徴として長時間前かがみの姿勢で痛みが悪化する、座っていると悪化する、横向きに寝ると痛みや痺れが悪化するなどがあります。
自覚症状があっても、検査で原因が特定できない事もあるので、その場合は、接骨院等で相談されることをおススメします。
川口市 梨状筋肉症候群の原因なら、「みずほ整骨院」にお任せください。


お申込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

事前にご予約をお願いいたします

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

「みずほ整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F
電話番号 048-255-2993 (予約優先)
営業時間 9時~13時 14時~21時
電話受付 9時~12時30分 14時~20時30分
定休日 年末年始
最寄駅 JR京浜東北線川口駅東口徒歩3分

PAGE TOP

会社概要COMPANY



川口市 整体 重度の腰痛なら
「みずほ整骨院」

住所:〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F

048-255-2993




MENU

MAIL

TEL
HOME