川口市 成長痛の原因

川口市 成長痛の原因

2016-12-27

成長痛というのは、成長期の子供が訴える体の痛みです。
【成長痛とは】
思春期を迎える子供が成長する際に、見られる症状が成長痛です。
ただ、現在の医学では、明確な原因や定義がはっきりと去れていないのが現状です。
主な特徴は以下の通りです。
・夕方から早朝にかけて膝周辺に痛みがある
・足のかかと部分が痛い
・股間節や足の付け根が痛い
・足の甲が痛い
等、主に下肢部分の痛みが特徴となります。
また膝の痛みに関しては、2歳から4歳の幼児期の子供でも確認されます。
症状の持続時間は30分程度ですが、個人差があり長く1時間続くこともあります。
【成長痛の原因は?】
痛みの種類は2つで「自律神経性の痛み」そしてもう一つが「疲労、ストレスによる痛み」です。
成長の過程にある子供は、筋肉や骨、関節が発展途上の段階であるにも関わらず、運動量が高く、1日中活発に動き回っているのが一般的です。
そのため、思っている以上に疲労が蓄積されているのが現状。
ただ、子供の場合、この「疲れ」を自覚することが弱い、もしくは、どのように「疲れ」を表現したらいいのか分からず、上手に解消できないのが、痛みとなって現れると考えられています。
精神的な要因つまり、ストレスの場合については、環境が変わる(引越しや天気)その他、人間関係など、大人には分からない子供の社会でのあらゆるストレスが要因となって、自律神経の乱れが起こり、それが痛みとなって症状を表す事もあります。
【成長痛を少しでも和らげたい!どうすればいいの?】
対処法はいろいろとあります。
その1「体を温める」
入浴など体を温めることによって、成長痛が緩和されます。
体を温めると血行不良が改善されて、自律神経の乱れが整います。
そのため、ストレス性の成長痛が和らぎます。
入浴が難しい場合は、下半身だけを温める「足湯」でも効果的です。
その2「マッサージ」
筋肉の緊張をほぐすことによって、リラックス効果が得られます。
また、日々お子様の体に触れて、丁寧にマッサージをすることによって、安心感を与えることにも繋がるので、
ぜひお子様が痛みを訴えている場合は、積極的にマッサージを取り入れてください。
その3「接骨院」
どうしても痛みが緩和できない、と言う場合は、定期的に接骨院を利用するのもおススメです。
疲労回復や自律神経の乱れの調整、血行促進だけでなく、体のゆがみを矯正することもできるので、大変おススメです。
その4「安静にする」
痛みを訴えている場合は、しばらく安静にさせる事も必要です。
また運動を本格的に行っている場合は、運動量やフォームの見直しも必要です。
体を十分に休ませ、体力の回復を待ってから運動をスタートさせるようにしてください。
成長痛は、自然に治ることで、成長過程にあるお子様にとっては、避けられないことかもしれません。
しかし、だからといって、痛みに我慢し続けては、それがストレスとなり、別の体調不良を引き起こすきっかけになる事もあります。
少しでも快適な日々が送れるよう保護者の方がお子様のご様子を細かくチェックし、できる限りのケアを取り入れてください。
川口市 成長痛の原因なら、「みずほ整骨院」にお任せください。


お申込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

事前にご予約をお願いいたします

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

「みずほ整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F
電話番号 048-255-2993 (予約優先)
営業時間 9時~13時 14時~21時
電話受付 9時~12時30分 14時~20時30分
定休日 年末年始
最寄駅 JR京浜東北線川口駅東口徒歩3分

PAGE TOP

会社概要COMPANY



川口市 整体 重度の腰痛なら
「みずほ整骨院」

住所:〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F

048-255-2993




MENU

MAIL

TEL
HOME