川口市 気圧性頭痛の原因

川口市 気圧性頭痛の原因

2016-11-11

気圧性頭痛とは、低気圧や台風の接近、その他天気の変化によって頭痛が起こることを言います。
しかし、なぜ、頭痛と天気が関係しているのでしょうか。
【気圧の変化が原因!?】
諸説ありますが、低気圧による「気圧の変化」が気圧性頭痛の原因とされています。
低気圧によって、大気圧が著しく低下することによって、血管が膨張して血流が大量に流れるため、痛みとして現れるという説があります。
低気圧によって刺激を受けた脳神経は、血管を拡張する物質を分泌し、血管周辺に炎症を起こします。
そのため、血管の広がりはさらに拡大し、より強い痛みとなって現れます。
その他の原因として言われているのが、自律神経の乱れです。
お天気以外にも、頭痛が起こることがありますが、些細な気圧の変化を乱れた自律神経が過剰に察知し、症状を表すという説です。
気圧性頭痛は、特にホルモンの影響を受けやすい女性に多く見られる症状の一つで、症状や発作がお天気に左右されるため、気象病といわれる事もあります。
気圧性頭痛は、気圧にだけでなく、気温の乱れや体調の変化を「ストレス」としてキャッチしてしまい、頭痛だけでなく、全身症状としてあわられるので、注意が必要です。
【気圧性頭痛の特徴】
症状の特徴は、
・ズキズキと脈を打つような痛みがこめかみ、頭の片側だけに起こる
(場合によっては、両方で起こる事もある)
・毎日ではなく、時々痛む
・天気が崩れそうだと感じると痛みが悪化する
・月に1,2度のペースもしくは3日おきに発生する
・1時間から2時間で痛みのピークを迎える
・光、音、ニオイに敏感で、痛みが増悪する
【気圧性頭痛の対処法】
●アイシング
拡張している血管を収縮させることで痛みが軽減するので、アイシングがおススメです。
冷たいタオルやアイスノンなどを利用して、痛みが伴う部分にあてて、しばらく安静にしましょう。
頻繁に気圧性頭痛で悩まされている方は、持ち運びに便利なアイスノンを携帯するようにしましょう。
逆に、入浴やホットタオルなどで痛みが悪化することがあります。
その他、マッサージや運動、ストレッチも禁物です。
●カフェイン
気圧性頭痛がひどい場合は、血管拡張を抑制するカフェイン入りの飲料はおススメです。
コーヒーなどによって、痛みを和らげることがありますが、カフェインの効果は、人それぞれなので、効かないからといって過剰摂取は控えるようにしましょう。
●ツボ押し
気圧性頭痛におススメのツボは、「完骨(かんこつ)」と「天容(てんよう)」です。
耳の後ろの膨らみから顎に伸びるツボで、その部分を人差し指と中指で軽く抑えるように刺激してください。
他にも目尻からコメカミの窪みあたりに「瞳子りょう(どうしりょう)」というツボがあります。
頭が痛いときに無意識に抑える部分がそのツボです。
指の腹を上手につかって、3秒押したら、3秒離すを繰り返し行ってください。
気圧性頭痛になったら、上記の方法で、上手に乗り越えるようにしましょう。
どうしても痛みが我慢できない場合は、市販薬で対処する事もできますが、副作用によって、別の体調不良を引き起こすリスクもあります。
薬を使用せず、早めに改善したい場合は、接骨院等でも気圧性頭痛に対する施術を実施していますので、気軽にご相談ください。
川口市 気圧性頭痛の原因なら、「みずほ整骨院」にお任せください。


お申込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

事前にご予約をお願いいたします

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

「みずほ整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F
電話番号 048-255-2993 (予約優先)
営業時間 9時~13時 14時~21時
電話受付 9時~12時30分 14時~20時30分
定休日 年末年始
最寄駅 JR京浜東北線川口駅東口徒歩3分

PAGE TOP

会社概要COMPANY



川口市 整体 重度の腰痛なら
「みずほ整骨院」

住所:〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-14-18 町田ビル1F

048-255-2993




MENU

MAIL

TEL
HOME